美容脱毛ミュゼや銀座カラーの秘密

美容脱毛ミュゼや銀座カラーの秘密

節約生活に大切なことは、「満足すること」

節約生活においては、色々なテクニックがあり、情報がとても沢山溢れているのが現状かと思います。
しかし、一番大切なのは、「満足すること」ではないでしょうか。

節約という考え方は、
家計をきりもりする、という観点からすると、
生活の中で大変重要な場所を占めているとはいえ、
節約が、生活の中心になると、
頭の中が、お金のことでいっぱいになりやすくなり、
(もちろん、お金のことをまったく考えないとしたら、その方がよほど望ましくない、怠惰な人間性だとは、思いますが)
主婦の方などにありがちなのは、極端に、節約のことばかりを考えるということです。
よく、外で、携帯電話を持ちながら、「お金ないんだから!!ふざけんな」だとか、
大声で、(おそらくご主人様を)ののしっている、50代ぐらいの奥様を、見たことがあるのですが、
でも、お金はなくても、自分の主人を口汚くののしらない、という思慮分別は、保っていたいものです。
そうです、優しい、気立てのいい、柔和な、物静かな、温和な奥さんで居るように努力すれば、
お金というのは、それほど沢山はなくっても、旦那さんは、きっと、幸せなのではないでしょうか。
それで、良い奥さんであるためには、「不満屋」であることは、絶対にやめなければならないように、思われませんか。
たぶん、自分を養ってくれているご主人を、口汚くののしるほど、不満屋なのであれば、
どんなに経済的に満ち足りていた状況であっても、不満屋には変わらないので、
実際には、生活していることの主要な目的である、「幸せな気持ちの人で居る」ということが、
むずかしくなってしまうような気がします。
ですから、節約であれ、お金を稼ぐことであれ、
あまり、(特に既婚女性の場合は)極端にならないようにし、
なにかが思い通りにならなかったとしても、
すこしのことなら、笑って、にこやかに済ませる、ということが、
知恵の道ではないでしょうか。

今は、本当に、節約術が流行っている時代ですけれども、
極端になって、キリキリした雰囲気にならないように、気をつけたいものですね。
キリキリしすぎると、家庭生活が楽しくなくなってしまい、
それではお金をつくる本来の目的を、見失って、本末転倒になってしまいますよね。

「今あるもので満足しなさい」ーーーー聖書のことば。

趣味で本を読んでいたときに見つけた言葉です。
今の時代に、とても格言となる言葉ですね。

ムダ毛処理は脱毛器におまかせ

脱毛とは想像以上に面倒な行動ですが、私はもう10年ほど脱毛し続けて慣れてきました。
コツさえつかめればあっという間に終わります。初めての時は脱毛器をどう動かしたらいいかとか、痛みに耐えなければいけなかったりとか、いろいろ気を使うことがありますが、これが経験を積んでいくとスムーズに脱毛できるようになり、短時間で終わります。
でもだからと言って面倒なことに変わりはなく、つい何日も日を空けてしまってムダ毛を伸ばしてしまうことがあります。
気づくとムダ毛が伸びていてショックを受けるんですよね。こんなに伸びるまで放置していたなんて信じられないと自分で思います。もしかしたらムダ毛を周囲の人に見られていたかもしれず、ちょっと記憶をさかのぼって考えてしまいます。
脱毛をすることで羞恥心が少しでも減るなら、しょっちゅう脱毛をしておきたいですよね。他の手段でムダ毛を処理してもいいですが、やはり脱毛の気軽さを考えたら脱毛器一択です。一気にムダ毛をきれいにすることができるのは脱毛器だけだと思っています。
脱毛器さえあれば簡単にムダ毛を抜くことができるという今の環境もありがたいですね。面倒だと言っても機械が全てこなしてくれるから、私たちはただ手を動かしているだけでOK。シェーバーでもカミソリでも楽かもしれませんが、一番きれいに処理できるのが脱毛器ということで、今後も週に一度は脱毛をしてムダ毛をきっちり処理していこうと思います。

テレビで見て知った脇毛が生えてることが不浄だという…

テレビで知ったんですが、とある番組で、イスラム今日の男性は、脇毛を不浄なものとして扱い、お風呂場などで除毛剤を塗ってきれいに取るのだそうです。
私たちはイスラム教の人々が豚肉を食べてはいけない、お酒を飲んではいけない(ノンアルコールならOK!)、女性は歌や踊りは禁止!ということは知っていても、脇毛を生やすことがあちらでは、不浄であり、いけないことだとは知りませんでした。

治安が大丈夫なイランの地方に、この前、日本人の芸能人が行ったとき、一般家庭に泊まらせてもらって、そこでいろんなことがわかりました。
カミソリで剃ったりとかもないようで、除毛剤のムースをつけて、5分くらい待って、シャワーできれいに流していました。

だけど、まだ、上の方に毛が残っているところが部分的にあって、一回ではきれいにとれておらず、肌も除毛剤がきつくていたんだのか、跡が赤くなっていました。

あんまり、頻繁にやると、体に悪いな…という感じでした。
私も除毛剤は、日本のでもきつすぎると思います。
本当なら、あれでササッと落とせればこんなにいいことはないんですけど…

みんなも一度は使ったことがあると思います。
これからも、海外から日本に観光で来る人は多いですが、白人は毛もブラウンだからあんまり目立たないけど、イスラムの中東の人たちは、顔は完全にヨーロッパなのに、日本人と同じ、黒い髪、黒い体毛をして、黒い瞳をしているので、脱毛に関心を持つのは仕方がないんだと思います。

足が毛深い男性などは、やっぱり、動物臭く見えたりするから、気にしている人は多いのかもしれません。
ああいう地域とかインドとかでは、脱毛のショップはものすごく流行るかもしれませんね。